顔の表情、手のしわで未来が分かる理由

占星術やタロットによる相性占いだけでなく、人相や手相も日本では人気です。相性占いから仕事運、結婚運などを人相や手相で占ってもらう人はたくさん存在します。しかし一方で、

「人相や手相で人の未来が分かるわけはない」

と否定的な人も居ます。もちろんいろいろな意見がある方が健全な世の中なので、歓迎します。

しかし、占いに否定的な人も考えてみてください。科学が発展し、日本人が科学の分野でノーベル賞をたくさん取るようになりました。それでもなお人相や手相を専門とする占い師が廃業せず、関連書籍が売れる理由は何なのでしょうか? 手相による相性占いは特に人気です。

占いや人相で過去が分かり、未来を予想できる

信じられないかもしれませんが、熟練した占い師を前にすれば、手相と人相である程度人の過去は分かってしまいます。また、その過去を踏まえある程度「確実な」未来を予想できてしまうのです

どうしてでしょうか? 例えば森を思い出してください。森は毎年、木々を太く大きくし、その中でたくさんの生命を誕生・成長させます。

しかし、森の中の枯れそうな木は、葉っぱの色つやが失われ、緑が変色しています。死へ向かう巨木は外から眺めれば、素人でも見分けが付きます。

人間も同じです。枝葉が重力に負けて垂れるように、人間の顔も前向きな成長軌道からそれ始めると、色つやが落ち、口角が下がり、眉間に不要なしわが寄り始めます。

人相は自然界を貫くルール、言ってしまえば宇宙のルールに照らし合わせて、ルールから外れそうな人間の特徴を、人相からキャッチするのです。

手相も人間の全てを表現する

手相も同じです。人間は手を使って生きています。生活や生き方が変われば、手の使い方も変わってきます。手の使い方が変われば、手のしわだけでなく、厚み、筋肉の発達、色つやも変わってきます。

手相を見る人は、手の様子からその人の人生や生活を読み取ります。またその生活が、宇宙のルールに沿っているのかを見分けるのです。

「占いなど信じない」

という人は、一度占いを学問として学んでみてください。その奥深さに驚嘆し、精度の高さに改めて先人の努力を感じるはずです。簡単に切り捨てられる学問ではないと、気付くと思います。

疑う人こそ本当に疑わしい学問なのか、自分の目で確かめてみてください。相性占いなどの世界にも、深いルールがあると分かりますよ。